商品一覧

表示件数:
12 次へ >>

(全商品:24点)

  • 青い夜の涙⑧(B品)
    青い夜の涙⑧(B品)
    ★この商品はの発送方法はクロネコヤマト宅急便のみとなります。
    ★他の商品との同梱も可能です。
    ★この1点のみ、ガラス瓶の中に黒い不純物が含まれておりますので、
     少しだけですが1000円OFFとさせて頂きます。
     使用に当たっては特に不具合なく、
     裏面にしてご着用頂けばほとんど見えないかと思います。

    --------------------------------------

    こちらの作品は2018年10月に開催された
    霧とリボン「架空の香水博覧会vol.1〜夜へのオード」への出品作
    ヴィネグレット(気付け薬入れ)「青い夜の涙」 です。
    詳細は画像をご覧ください。

    --------------------------------------

    気付薬とは:
    購入した気付薬(炭酸アンモニウム等)を
    小瓶(ヴィネグレット、フラコンアセルなどと呼ばれる)
    に移し替えて持ち歩く。
    カンにチェーン等を通しネックレスや
    シャトレーヌ(帯飾り)から下げて着用された。
    銀製やガラス製のものなどがあり、
    女性と男性が持つことにより、デザインは様々。

    19世紀西洋の時代、貴婦人はコルセットが欠かせませんでした。
    その当時の女性はコルセットの苦しさと、
    蝋燭の火からくる暑さと二酸化炭素による
    酸欠状態で気を失うことが多かったようです。
    本当に気を失う女性が多い中、わざと演技で倒れる女性もいたそうです。
    紳士たる者、倒れた女性は守るべき存在である時代。
    女性の失神は恋の始まりとなることもあるのです。
    そのきっかけの演出に一役買ったのが、気付薬です。
    紳士がペンダントのような容器を身に着け、
    その蓋を開けると、酢酸や強い香料などが綿や海綿等に浸み込ませてあって、
    香りを倒れた女性の鼻に近づけ、正気を取り戻すように嗅がせたのです。
    気付薬は女性も携帯し、
    その当時の街に漂う悪臭や気分が悪くなった際の対策等にも使用したようです。

    --------------------------------------

    □繊細な造りの為、お取り扱いにご注意下さい。
     お手に取る際は蓋ではなく本体を持って頂くよう
     お願いいたします。

    □ミントの精油を1滴垂らしておりますが、
     中身と瓶をアルコールなどで洗い、
     お好きな精油や香水を垂らして御使用下さい。
     気付薬のようにリフレッシュ出来る香りでも、
     安眠薬のようにリラックス出来る香りでも。
     
    □瓶の首部分と蓋はシルバー製です。
     燻してアンティーク加工を施しておりますが、
     シルバークリーナーで磨いて頂くと
     ピカピカと綺麗になります。
     (チェーン等は真鍮に銀古美メッキの為、
     シルバークリーナーを使わないで下さい)

    ■素材…シルバー(オリジナルパーツ部分)、
       古瓶(ガラス)、コルク、真鍮(銀古美メッキ)

    ■本体サイズ:約 縦65mm×横30mm(金具含む)厚み17mm
    ■チェーン長さ:60cm

    20,520円
    在庫数 : 0 sold out
  • 青い夜の涙⑦
    青い夜の涙⑦
    ★この商品はの発送方法はクロネコヤマト宅急便のみとなります。
    ★他の商品との同梱も可能です。

    --------------------------------------

    こちらの作品は2018年10月に開催された
    霧とリボン「架空の香水博覧会vol.1〜夜へのオード」への出品作
    ヴィネグレット(気付け薬入れ)「青い夜の涙」 です。
    詳細は画像をご覧ください。

    --------------------------------------

    気付薬とは:
    購入した気付薬(炭酸アンモニウム等)を
    小瓶(ヴィネグレット、フラコンアセルなどと呼ばれる)
    に移し替えて持ち歩く。
    カンにチェーン等を通しネックレスや
    シャトレーヌ(帯飾り)から下げて着用された。
    銀製やガラス製のものなどがあり、
    女性と男性が持つことにより、デザインは様々。

    19世紀西洋の時代、貴婦人はコルセットが欠かせませんでした。
    その当時の女性はコルセットの苦しさと、
    蝋燭の火からくる暑さと二酸化炭素による
    酸欠状態で気を失うことが多かったようです。
    本当に気を失う女性が多い中、わざと演技で倒れる女性もいたそうです。
    紳士たる者、倒れた女性は守るべき存在である時代。
    女性の失神は恋の始まりとなることもあるのです。
    そのきっかけの演出に一役買ったのが、気付薬です。
    紳士がペンダントのような容器を身に着け、
    その蓋を開けると、酢酸や強い香料などが綿や海綿等に浸み込ませてあって、
    香りを倒れた女性の鼻に近づけ、正気を取り戻すように嗅がせたのです。
    気付薬は女性も携帯し、
    その当時の街に漂う悪臭や気分が悪くなった際の対策等にも使用したようです。

    --------------------------------------

    □繊細な造りの為、お取り扱いにご注意下さい。
     お手に取る際は蓋ではなく本体を持って頂くよう
     お願いいたします。

    □ミントの精油を1滴垂らしておりますが、
     中身と瓶をアルコールなどで洗い、
     お好きな精油や香水を垂らして御使用下さい。
     気付薬のようにリフレッシュ出来る香りでも、
     安眠薬のようにリラックス出来る香りでも。
     
    □瓶の首部分と蓋はシルバー製です。
     燻してアンティーク加工を施しておりますが、
     シルバークリーナーで磨いて頂くと
     ピカピカと綺麗になります。
     (チェーン等は真鍮に銀古美メッキの為、
     シルバークリーナーを使わないで下さい)

    ■素材…シルバー(オリジナルパーツ部分)、
       古瓶(ガラス)、コルク、真鍮(銀古美メッキ)

    ■本体サイズ:約 縦65mm×横30mm(金具含む)厚み17mm
    ■チェーン長さ:60cm

    21,600円
    sold out
  • 青い夜の涙⑥
    青い夜の涙⑥
    ★この商品はの発送方法はクロネコヤマト宅急便のみとなります。
    ★他の商品との同梱も可能です。

    --------------------------------------

    こちらの作品は2018年10月に開催された
    霧とリボン「架空の香水博覧会vol.1〜夜へのオード」への出品作
    ヴィネグレット(気付け薬入れ)「青い夜の涙」 です。
    詳細は画像をご覧ください。

    --------------------------------------

    気付薬とは:
    購入した気付薬(炭酸アンモニウム等)を
    小瓶(ヴィネグレット、フラコンアセルなどと呼ばれる)
    に移し替えて持ち歩く。
    カンにチェーン等を通しネックレスや
    シャトレーヌ(帯飾り)から下げて着用された。
    銀製やガラス製のものなどがあり、
    女性と男性が持つことにより、デザインは様々。

    19世紀西洋の時代、貴婦人はコルセットが欠かせませんでした。
    その当時の女性はコルセットの苦しさと、
    蝋燭の火からくる暑さと二酸化炭素による
    酸欠状態で気を失うことが多かったようです。
    本当に気を失う女性が多い中、わざと演技で倒れる女性もいたそうです。
    紳士たる者、倒れた女性は守るべき存在である時代。
    女性の失神は恋の始まりとなることもあるのです。
    そのきっかけの演出に一役買ったのが、気付薬です。
    紳士がペンダントのような容器を身に着け、
    その蓋を開けると、酢酸や強い香料などが綿や海綿等に浸み込ませてあって、
    香りを倒れた女性の鼻に近づけ、正気を取り戻すように嗅がせたのです。
    気付薬は女性も携帯し、
    その当時の街に漂う悪臭や気分が悪くなった際の対策等にも使用したようです。

    --------------------------------------

    □繊細な造りの為、お取り扱いにご注意下さい。
     お手に取る際は蓋ではなく本体を持って頂くよう
     お願いいたします。

    □ミントの精油を1滴垂らしておりますが、
     中身と瓶をアルコールなどで洗い、
     お好きな精油や香水を垂らして御使用下さい。
     気付薬のようにリフレッシュ出来る香りでも、
     安眠薬のようにリラックス出来る香りでも。
     
    □瓶の首部分と蓋はシルバー製です。
     燻してアンティーク加工を施しておりますが、
     シルバークリーナーで磨いて頂くと
     ピカピカと綺麗になります。
     (チェーン等は真鍮に銀古美メッキの為、
     シルバークリーナーを使わないで下さい)

    ■素材…シルバー(オリジナルパーツ部分)、
       古瓶(ガラス)、コルク、真鍮(銀古美メッキ)

    ■本体サイズ:約 縦65mm×横30mm(金具含む)厚み17mm
    ■チェーン長さ:60cm

    21,600円
    sold out
  • 青い夜の涙⑤
    青い夜の涙⑤
    ★この商品はの発送方法はクロネコヤマト宅急便のみとなります。
    ★他の商品との同梱も可能です。

    --------------------------------------

    こちらの作品は2018年10月に開催された
    霧とリボン「架空の香水博覧会vol.1〜夜へのオード」への出品作
    ヴィネグレット(気付け薬入れ)「青い夜の涙」 です。
    詳細は画像をご覧ください。

    --------------------------------------

    気付薬とは:
    購入した気付薬(炭酸アンモニウム等)を
    小瓶(ヴィネグレット、フラコンアセルなどと呼ばれる)
    に移し替えて持ち歩く。
    カンにチェーン等を通しネックレスや
    シャトレーヌ(帯飾り)から下げて着用された。
    銀製やガラス製のものなどがあり、
    女性と男性が持つことにより、デザインは様々。

    19世紀西洋の時代、貴婦人はコルセットが欠かせませんでした。
    その当時の女性はコルセットの苦しさと、
    蝋燭の火からくる暑さと二酸化炭素による
    酸欠状態で気を失うことが多かったようです。
    本当に気を失う女性が多い中、わざと演技で倒れる女性もいたそうです。
    紳士たる者、倒れた女性は守るべき存在である時代。
    女性の失神は恋の始まりとなることもあるのです。
    そのきっかけの演出に一役買ったのが、気付薬です。
    紳士がペンダントのような容器を身に着け、
    その蓋を開けると、酢酸や強い香料などが綿や海綿等に浸み込ませてあって、
    香りを倒れた女性の鼻に近づけ、正気を取り戻すように嗅がせたのです。
    気付薬は女性も携帯し、
    その当時の街に漂う悪臭や気分が悪くなった際の対策等にも使用したようです。

    --------------------------------------

    □繊細な造りの為、お取り扱いにご注意下さい。
     お手に取る際は蓋ではなく本体を持って頂くよう
     お願いいたします。

    □ミントの精油を1滴垂らしておりますが、
     中身と瓶をアルコールなどで洗い、
     お好きな精油や香水を垂らして御使用下さい。
     気付薬のようにリフレッシュ出来る香りでも、
     安眠薬のようにリラックス出来る香りでも。
     
    □瓶の首部分と蓋はシルバー製です。
     燻してアンティーク加工を施しておりますが、
     シルバークリーナーで磨いて頂くと
     ピカピカと綺麗になります。
     (チェーン等は真鍮に銀古美メッキの為、
     シルバークリーナーを使わないで下さい)

    ■素材…シルバー(オリジナルパーツ部分)、
       古瓶(ガラス)、コルク、真鍮(銀古美メッキ)

    ■本体サイズ:約 縦65mm×横30mm(金具含む)厚み17mm
    ■チェーン長さ:60cm

    21,600円
    sold out
12 次へ >>

(全商品:24点)

表示件数: